気象と統計力学

気象現象、特に降水現象の量子効果について、初歩の量子力学と平衡系の統計力学を用いて考察した記事、気象と統計力学、をamazonから、電子書籍として出版しました。

系は降水(雨)と大気(晴れ)にエネルギーの比があること。それによっ
て降水と大気の両方に量子効果が現れること。従って、降水量分布は量子
統計になること。しかし系は古典統計と量子統計が共存するため、降水量
分布は必然的に降水量の小さい領域で量子統計からずれること。系は中国、
四国、九州、沖縄も含めた巨大な一つの平衡系であること。降水現象は全
て、平衡状態からのゆらぎの結果に過ぎないこと。降水と大気のエネルギ
ーの比を用いると、大気中の窒素と酸素の比率が理論的に求められること。
降水量分布を量子力学と統計力学を用いて数式化すること。降水量分布は
一般化され量子統計であること。古典統計は量子統計の近似ではなく、一
般化された量子統計の平均であること。等々を理論化しています。草稿で
100P 余りの論考です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください