psycho.18.11.25.02ーエディプスの呪縛(4)

人の心には。。理性ではどうしようも
ない。。愛でもだ。。力を持ったもの
がある。。本能。。情動か。。闇。。
か。。と呼ばれる。。19世紀末の芸術
家たち。。によってよく描かれている
。。人間は理性的な生き物だから。。
理性に従えば理想の世界が作れる、と
いう。。ロマンチシズムに対して。。
リアリズムと呼ばれる。。フロイトも
その流れの中の。。一つの大きな支流
だ。。

フロイトは。。ido、ラテン語、es、ド
イツ語、it、英語、と呼んだ。。実態
は。。自分にとって不都合な。。自覚
されない。。無意識の欲望だ。。フロ
イトは。。その無意識の欲望の中核に
。。近親相姦願望と。。その禁止を置
く。。エディプスコンプレックスと。。
フロイトは呼んでいる。。これが正し
いとすれば。。精神病は。。愛の欠如
ではなく。。愛の過剰によって引き起
こされることになる。。

しかし。。現在は。。フロイト要らな
い。。無意識要らない。。精神分析要
らない。。精神病は愛の欠如によって
おこる。。従って。。愛を教えればい
い。。空っぽの心を愛で満たせばよい
。。という治療になる。。もちろん反
対ではない。。認識の出発点の違いだ
けだから。。精神病者の症状はいろい
ろで。。おれは愛を欲望の一つとして
相対化しているだけだから。。ただ。。
愛が全てだという医学者には閉口する
だけだ。。愛で。。闇の力が抑えられ
るのか。。と。。単純に疑問に思うだ
けだ。。

戦後。。60年代。。には。。フロイト
が流行った。。三島由紀夫もフロイト
に耽溺している。。サルトルのマルク
スの実存的解釈をどう超えるか。。み
な。。マルクスに。。ロマンチシズム
を感じているが。。容易には越えられ
ない。。フロイトとニーチェがそれを
超える思想の基礎になった。。構造主
義という。。みな無意識の意識されな
い構造によって考えさせられている。。
理性は文化的には相対的で甲乙はない
。。どれかが正しいというものはない
。。未開人の婚姻関係がすごく高度な
数学に従っていることが証明されてい
る。。だ。。

90年ころ。。ベルリンの壁が崩壊して
。。おれはやっと。。息継ぎができた
。。60年代に。。実存的共産主義は。。
思想的には。。構造主義によって葬ら
れていたが。。ソ連も中国も存在して
いたから。。やっと自分の言葉で話し、
書くことができるようになった。。時
代はバブルの狂乱時代。。精神医学は
ユング。。その後。。現在。。アドラ
ー。。だ。。フロイトは科学的、真。。
ユングは宗教的、愛。。アドラーは政
治的、力。。かな。。どの派に属する
かは。。精神分析の研究をしようと思
えばだ。。従って。。好み、趣味の問
題。。だ。。頭ではなく。。脳も含め
た。。体のすべての細胞を使って書け
ばいい。。

ゆうぐれ。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.22.01ーエディプスの呪縛(3)

特定の記事がないから。。アーカイブ
だけだから。。やはり画像か。。しか
し。。画像だけでも。。小バズするの
か。。んー?!。。やり易くなる。。

10hr。。寝た。。食っちゃ寝。。食っ
ちゃ寝。。だ。。頭働かない。。フル
メジン。。三錠はまずいな。。生産性
が落ちる。。二錠にしよう。。

車庫の猫たち。。まだけんかしてるよ
。。もう1hr余る。。いい勝負らしい
。。屋根裏は暖かいから。。冬の寝場
所の取り合い。。かな。。ボス猫の交
代の時期か。。数年で変わっていく。。
平均寿命は05年ほどのようだ。。見か
けなくなる。。

実家へ一人で帰って。。もう13年にな
る。。いろんなことがあったな。。03
年間は。。あっちこっち走り回ったが
。。大事故して。。病気が再発して。。
腹が座った。。今年も同じだ。。やは
り腹が座った。。事故だの病気だの。。
疲れ果てていたのだろう。。いい休憩
だった。。おかげで。。気象と病気の
研究を本格的に始めて。。それなりの
成果を得た。。まずまず。。まとめる
のが。。億劫ではあるが。。ボチボチ
やろう。。

事故しても。。病気になっても。。大
災害にあっても。。非日常性の中に。。
突然投げ出されて。。自分の無力を知
るのもいい。。日常的な、社会的な道
を閉ざされても。。それなりの道はあ
るもんだ。。自分の夢を捨てないで。。
自分の能力と幸運と努力を信じて進ん
でいこう。。

41才の時だ。。降水(雨)の中に量子
効果を見つけた。。人間は。。量子的
世界に住んでいる。。おれは全身が震
えた。。怖くて。。人間は知らなくて
よいものがある。。知ってはならない
ことがある。。おれの全ての経験と知
識が。。この時。。その一点に結びつ
いた。。おれは震える指先で。。キー
ボードを打った。。そんな時が。。君
にも。。いつか来る。。

ごご。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.20.02ーエディプスの呪縛(2)

だるい。。灯油買いに行かなくちゃいけ
ないが。。灯油が切れれば。。寝るとし
よう。。灯油買いに行くのは。。明日に
しよう。。

くすり。。一錠増やしたから。。いつで
も寝れる。。一日中。。寝ていられる。。
頭と。。心と。。体と。。休めるにはち
ょうどいい。。

フロイトの理論は。。汎性欲説として。。
発表当時から。。知識人たちには敬遠さ
れていたが。。案外。。歴史的には開け
ている。。おれはフロイトの理論を。。
歴史的に、政治的に、経済的に、記述し
ただけだ。。例えば。。再発を繰り返す
のは。。Fatherの欲望の一つを選んだか
ら。。考える対象が限られてきて。。Fa-
therの根幹。。無意識に触れやすくなる
からだ。。とか。。エディプスには父が
いるから。。父をFather。。歴史的、文
化的、社会的、な言語体系としてとらえ
ると。。フロイトの理論は。。社会科学
的な記述ができることになる。。

一年ほど。。某ブログサイト使っていた
が。。評判ほどは。。PV伸びなかった。。
多くて。。60PV。。ほどだった。。WPに
変えて。。半年足らずだが。。あっさり
。。400PV。。超えてしまった。。小バ
ズ。。だ。。書いているコンテンツは同
じだが。。画像は今回付けたが。。評判
の割には。。小さな。。SNSだったよう
だ。。まっ。。ネットは。。嘘の。。い
いかげんなか。。釣り糸か。。情報であ
ふれているが。。

むかし。。病気して。。田舎に帰ったこ
ろだ。。おれは出かける時。。いつもセ
カンドバッグを持っていた。。兄貴ぃ。。
なんでセカンドバッグ持って歩くの。。
弟が変人のおれに。。家族はおれのこと
をそう思っていた。。聞いてきた。。街
では誰も。。男どもは。。セカンドバッ
グなど持っていなかった。。ポケットが
膨らむのが嫌だから。。女みたいだ。。
もともと。。オナルの。。ユニセクシャ
ルだったが。。

それから数年としないうちに。。街の男
どもはみなセカンドバック持って歩くよ
うになった。。セレブたちが持ち歩くか
らだ。。はじめて。。兄貴が理解できた
。。と弟は言っていた。。この人は。。
人より先を歩いている。。流行りも。。
主義主張も。。関係ない。。と。。フー
ン。。だ。。単なる偶然だ。。そんな理
解もあるのだろうが。。

いまも。。気にならない。。好みで選ん
で。。書いたり貼ったりしている。。世
のため。。人のため。。関係ない。。お
れには。。おれの世界があればよい。。
だ。。引退したから。。自由でいたい。。
引退爺さんのように。。ご意見番よろし
く。。経済批評も。。政治批評も。。時
代批評もしない。。本能に。。感性と知
性か。。忠実だ。。おかげで。。行くサ
イト。。行くサイト。。みな。。強制退
会だ。。自分では。。自重はしているつ
もりだが。。それもかなり。。ツイツイ
。。だ。。やりにくい。。

ゆうぐれ。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.20.01ーエディプスの呪縛(1)

30才代は社会科学系の本ばかり。。40才
代は。。自然科学系の本ばかり。。読ん
でいた。。生命と財産と自由。。ジョン
・ロックだ。。人間は。。命ある限り。。
財産を求める。。自由を得る。。ルソー
は。。生命を平等に。。財産を。。博愛
に。。変えたのかな。。現在では。。幸
福。。か。。で。。政治学は訳の分から
ないものになった。。政治的な平等。。
経済的な不平等。。経済的な平等は。。
貧困の共有だ。。そして全ての悪の根源
は貧困だ。。等々。。

頭いいから。。金に成るから。。医者と
弁護士。。というが。。生命と財産を守
っている。。それらに困ったときには。。
返礼は惜しまない。。安倍政権も。。先
端医療技術を経済の柱の一つと考えてい
る。。医は仁術。。とうの昔にすたれた
。。フロイト自身も。。人種問題で。。
学業の道を断たれ。。ウィーン大学で主
席だったそうだ。。生活のために。。医
者になった。。人を助ける。。これには
問題はない。。問題は。。不当な対価。。
金。。だ。。

金がなぜ。。汚いイメージを持つのか。。
フロイトは。。うんこ。。だからと言っ
ている。。子供が。。うんこ・しっこ。。
と言うと。。両親は喜ぶ。。人を喜ばせ
る。。原風景に。。うんこ。。がある。。
あまりにもその説明が上手だったので。。
誰もそれを疑わない。。おれは。。中世
の。。労働は悪。。原罪の償いだ。。従
って。。その対価も悪。。という命題が
。。金の。。或いは。。人助けの。。背
後にあると思う。。04才までの子供は。。
狩猟民族的な思考。。04才から10才まで
の子供は。。農耕民族的な思考。。をす
ると仮定すれば。。10才以降の。。古代
国家的な思考の記憶。。となって。。近
代の精神性とは違った部分が心の中に残
っているから。。だと思う。。

精神史。。後のルネッサンス期。。デカ
ルト的懐疑の原因として。。近親相姦願
望の強さを挙げたが。。その時代の思潮、
60年代、70年代。。に対する違和感は。。
中世的な思考が。。近世的な思考。。暴
力、学生運動、実存的共産主義と権威主
義。。にギャップを感じたからかもしれ
ない。。どちらにも与しないで。。自分
の道、方法を探した。。西欧では。。も
うその時。。構造主義の思想が始まって
いた。。日本に入ってくるのは。。80年
代だ。。俺はその時。。すでに狂気の中
にいて。。時代とかけ離れてしまってい
た。。

ごご。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.16.01ーフロイト雑感(44)

だるい。。書くのも。。読むのも。。
寒い。。ストーブ付けよう。。腹減
った。。買い出ししなくっちゃ。。
繰り返し。。だ。。動けない。。い
つ。。動き出すのか。。耳鳴りする
し。。目は。。かすんでいるし。。
まるで。。何もかも終わった。。老
人のようだ。。精神病でなくて。。
老人病か。。んっ、ネット廃人か。。

欲しいものは。。力。。女でも。。
金でもない。。教科書読んで。。そ
れも。。同じ教科書を。。何度も。。
力が手に入るのか。。教科書のおか
げで。。心に空虚ができたのに。。
教科書の文字は。。この空虚を塞が
ない。。でも。。教科書の空虚が塞
げれば。。心の空虚は塞げる。。教
科書読んで。。その間隙を。。おれ
の言葉で埋めていく。。著者の言っ
ていない、書き足りない、言葉では
ない。。

教科書は超自我だ。。行間は空虚だ
。。その空虚を通って。。愛と闇の
間を。。揺れ動く。。何かつかむた
びに。。次の空虚が現れる。。イタ
チごっこだ。。完成はない。。書い
たものは。。筋が通っていて。。論
理的に。。辻褄が合っているかもし
れないが。。言葉は有限だ。。人の
欲望は無限だ。。その欲望の一つ。。
を選ぶことから始めたから。。

書を捨てて。。街へ出よう。。サル
トルの時代にはよく流行った。。知
識は。。社会に還元されなくちゃな
らない。。だ。。フーコーの時代に
なると。。図書館へこもれ。。だ。。
この0180度の転換。。何とも言えな
い。。社会と個人の図式ではある。。
必然性と相対性の図式ではある。。
どちらに重点を置くかだ。。フーコ
ーは書いている。。欲望。。言葉。。
死。。は由来が分からない。。

おれは。。それを教えてくれるもの
が。。Fatherだと思っている。。愛
=死、欲望、言葉。。だ。。イタチ
ごっこではあるが。。何時しか。。
命題が積み上げられ。。言葉が。。
体系化されている。。32才から48才
までの16年間で。。その作業をする
のだろう。。人は。。知らず知らず
のうちに。。空虚に引き寄せられて
いく。。無意識に触れる。。そのた
びに再発する。。自分にとって。。
不都合な。。自覚されない。。欲望
を。。言葉によって。。すくい上げ
ていく。。だ。。

ごご。。


 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.12.04ーフロイト雑感(43-2)

むかし。。障害者施設でバイトして
いた。。自閉症と統合失調症の障害
者がほとんどだった。。社会の歯車
にもなれない彼らを見ていたら。。
悲しくなって。。数か月で辞めた。。

Fatherに会って。。人生の命題を得
るのもいいが。。当面の目標は。。
やはり社会復帰だろう。。カウンセ
リングが。。どの程度役に立つかは
。。少なくとも。。おれの場合。。
分からないが。。くすり飲んで。。
食べて。。寝ていれば。。数年で症
状は落ち着く。。05年もすれば。。
社会復帰できるだろう。。

数年が長いか短いかは。。患者それ
ぞれだから。。何とも言えないが。。
若いうちの。。20才台として。。数
年は。。遅れの内には入らない。。
数年で。。能力にもよるし、努力に
もよるし、分野にもよるが。。追い
つき。。追い越す。。人もいるだろ
う。。まっ。。数年なら。。遅れな
がらでも。。付いて行けるだろう。。

26才で発病したとしよう。。Father
に会って。。近親相姦願望を否定す
る。。愛も欲望も体の中に流れ込む
。。エディプスの呪縛から解き放た
れて。。心も体も社会も動き始める
。。彼の自我は社会に開かれる。。
32才ころだ。。おれはそれから。。
新しい地平。。人生の命題を求め始
めたが。。そうしなきゃいけない必
然性はないだろう。。と思う。。

きゅうけい。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.12.03ーフロイト雑感(43-1)

風邪とか。。怪我とか。。だよね。。
風邪薬も。。湿布薬も。。あるけど
。。基本。。本人の自然治癒力で治
る。。精神病にも。。自然治癒力が
あるから。。放っておいても治る。。
という説もあるが。。患者の01/3は
回復の見込みが。。予後が悪いとす
れば。。その説は怪しい。。回復が
遅れれば。。遅れるほど。。一生病
院生活ということになる。。という
説もある。。

取りあえずは。。症状を軽くする。。
寛解に至らなくても。。日常生活に
も。。社会生活にも。。支障がない
程度の。。薬を探すことから始めよ
う。。合理的な言動。。単純明快、
理路整然としたな応答。。が。。あ
れば。。社会の歯車としては通用す
るだろう。。人生の意味と価値を精
神病者はよく問うが。。そしてそれ
に応えることは。。大切なことでは
あるが。。治療の目的は。。社会復
帰であって。。その問いに答えるこ
とではない。。哲学的な。。宗教的
な。。問いであって。。医学的な。。
問いではないから。。

非社会性の中にいて。。それを求め
るのは。。いい方法ではない。。或
いは。。社会復帰もできないで。。
人生の大問題に。。正面から挑んで
はならない。。それが発病の一端だ
としても。。だ。。そして。。答え
は。。多くは。。偶然的だ。。努力
による場合も。。才能による場合も
あるだろうが。。多くは幸運による
。。社会の歯車として。。才能と努
力と幸運を求める。。実力を蓄える
。。としよう。。ニュートンの万有
引力も。。アインシュタインの一般
相対性理論も。。40才台半ばで書か
れている。。大天才にしても。。こ
れだから。。

ゆうぐれ。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.12.02ーフロイト雑感(42)

病気になるのも偶然の確率。。
Fatherに会うのも偶然の確率
。。とすれば。。因果律はな
いのかな。。頭がいいから。。
強いから。。顔とスタイルが
いいから。。生き残るのでは
ない。。環境に。。適応した
ものだけが。。生き残る。。
ダーウィンだが。。サヴァイ
バルだね。。

この場合。。精神病の。。環
境とは何かな。。無意識の底
辺へ行くほど。。深くなるほ
ど。。カオス的。。偶然的に
なっていくとしているが。。
偶然の細胞の組み合わせによ
って誕生した生物のうち。。
環境に適合したものだけが。。
生き残ってきた。。そのうち
の。。人間だけが。。過剰に
。。環境に。。適応している
に過ぎない。。と。。

精神病もダーウィンの偶然に
絡み取られるだろう。。非日
常性の一つだから。。一連の
偶然性に。。筋を書くことは
できないのかな。。人間は。。
狂気に陥っても。。因果律を
求めることを止めない。。と
は。。中井久夫先生の言葉だ
が。。

病院で医師の治療を受けるこ
とが。。Fatherに会うことに
はならない。。過去の。。自
分の。。偶然性の中に。。因
果律を見出すことから始めよ
う。。勉強したから。。いい
大学へ入れたとか。。練習し
たから。。インターハイへ出
れたとか。。もちろん。。人
の二倍の。。勉強と練習をし
ているだろう。。薬も症状に
会っているだろう。。という
場合の症例だ。。が。。病気
になった場合の。。参考には
なるだろう。。

すると。。病気からの回復は
。。非日常性から。。過去の
。。日常性への回帰。。かな
。。ダーウィンの偶然性と。。
フロイトのエディプスの呪縛
。。から逃れる。。と。。い
うことは。。病気による。。
日常性の。。急激な変化。。
過去の延長。。連続性。。と
してではなく。。は。。病気
を悪化させる。。かな。。過
去を繰り返すと。。同じ病気
になる。。延長線上では。。
どうかな。。

入り口と出口は同じだ。。と
いうことは。。目的地も同じ
だ。。ということになる。。
ただ。。田んぼの中を歩くか
。。あぜ道を歩くか。。の違
いであって。。同じ時刻に。。
同じ場所につく。。と。。い
うことになる。。社会は。。
連続的。。時系列的。。因果
的。。な記憶。。であり。。
人は。。常に。。日常だと。。
その中に。。いるから。。

ごご。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.11.02ーフロイト雑感(41)

1/3ずつか。。Fatherに出会った患者。。
薬が効いた患者。。どちらもダメだった
患者。。の三通り。。だな。。

言葉は社会を開く。。愛のある人に会う
。。とは。。Father。。に合うというこ
とだ。。そして。。Fatherは。。社会的
な価値判断。。言語体系。。世界観。。
価値観。。光と影。。善と悪を。。愛と
闇。。を持っている。。だ。。

そしてそれらは。。才能の問題ではない
無意識の底辺。。ダーウィン的に。。偶
然の産物だ。。その幸運を。。手放さな
いことだ。。

偶然。。01/100が病気になり。。偶然。。
01/3が。。人生の命題を得る。。かな。。
ダーウィン的だと。。おかしくはない。。
それらの間に。。因果律はない。。

別の人生があったか。。別の人生だった
としても同じ場所へ行くか。。これらは
日常性の問題だ。。非日常性では通用し
ない。。大事故とか。。大きな病気とか
。。大災害とか。。

ただ。。人間は。。この偶然性から。。
文脈のある。。絵を描くことができる。。
体系化。。という。。トーンをはじく。。
とここでは言っている。。

さっきまで寝ていたが。。まだしんどい
。。が。。ようやく目が覚めてきた。。

あらぬ虚空を睨みつけて。。おれには聞
こえぬ声と言い争っていた。。兄貴ぃ。。
あんた病気だ。。私は。。絶対。。病気
では。。ありません。。だった。。おれ
は途方にくれた。。

彼が自殺しなければ。。離婚して。。実
家に帰ることも。。なかったろう。。彼
は。。街で指折りの旧家の。。一人息子
だった。。

ごご。。


 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

psycho.18.11.09.01ーフロイト雑感(40)

青春時代の夢なんて。。後から
ほのぼの。。思うもの。。青春
時代の。。真ん中は。。道に迷
って。。いるばかり。。胸にト
ゲ刺す。。ことばかり。。♪

ホント。。20代には帰りたくな
い。。ただひたすら。。孤独だ
った。。空しくはあったが。。
寂しくはなかった。。

これは愛の欠如の表現か?。。
愛を知らない。。病的な人の世
界の表現か?。。俺には自我を
社会化できない。。道に迷った
人の。。自分を見出せない人の
。。つぶやきに思える。。道に
迷う人はたまにいるが。。その
中でも。。ほとんどの人は。。
病気。。精神を病む。。になっ
たりしない。。

逆に。。道に迷わずに。。夢を
追っかけてる人の中にも。。精
神病になる人は多い。。という
より。。そちらの方が多いので
はないのか。。ある日。。目覚
めれば。。狂っていた。。とい
う。。あの人が?。。という疑
問を残すだけだ。。しかし。。
サインは出ていたのだろうから
。。それを見逃しただけだろう
とは思うが。。

インテリゲンチャの苦悩の世界
と。。病的風景、世界、は似て
いる。。が同じものではない。。
何が違うか。。だ。。正気と狂
気を分かつものは何か。。だ。。
ゴッホは病気だが。。彼の絵は
狂気ではない。。ゴッホは狂気
の狭間に。。正気の時にしか。。
絵は描けなかった。。そして。。
描かなかった。。ニーチェも同
じだろう。。

IQ=150の私が。。偏差値75の私
が。。何故こんなことになるの
よ。。悲しい悲鳴だが。。この
病気では。。精神病。。よく聞
く話だ。。そして彼らはいつも
死と向き合っている。。自分の
兄弟。。或いは。。仲の良かっ
た友達が。。ある朝。。天井か
らぶら下がっている。。のを見
るのは。。いい気はしない。。
彼は。。彼女は。。死ぬほど苦
しがっていた。。自分の無力を
知るだけだ。。

戦うこと。。競争すること。。
は一旦止めろ。。しばらくのん
びりしよう。。自分を信じて。。
病気が回復するのをじっと待と
う。。その苦悩は。。いつか超
えなきゃならないから。。そし
て。。超えられる日は。。きっ
と来るから。。

インテリゲンチャの苦悩は革命
に至るが。。精神病者の苦悩は
死に至る。。精神的な。。肉体
的な。。自殺だ。。生きていて
も苦しいだけだから。。生きろ
。。とは。。苦しみ続けろ。。
永遠に。。ということだ。。木
村敏先生は書いている。。全て
の精神医学の書は。。統合失調
症の患者へのレクイエムだ。。

Father。。だよね。。父を殺し
て母を奪う。。できない相談だ
。。というエディプスの呪縛に
絡みつかれている。。戦っちゃ
だめだ。。父か子のどちらかの
死が待っているから。。逃げる
。。或いは。。方向転換するし
かない。。インテリゲンチャた
ちの苦悩は。。Fatherそのもの
の矛盾によって生み出されるが
。。これは逆に。。戦うしか。。
革命という。。ない。。精神病
者の苦悩は。。社会から閉じて
いる。。インテリゲンチャの苦
悩は。。社会に開けている。。

Fatherが教えてくれるものは。。
愛だけではない。。自分にとっ
て不都合な自覚されない欲望群
も教えてくれている。。戦って
いる相手は同じだ。。さて。。
転換は。。苦悩のすり替えは。。
可能か。。何故そんな絵を描き
始めたのですか?。。ピカソは
答えた。。ビルの屋上から飛び
降りるしかなかったからだ。。
ゴッホのアトリエも。。ピカソ
のアトリエも。。どっかで拾っ
てきたガラクタで一杯だったそ
うだ。。おれは。。これは。。
苦悩の転換のための。。アイテ
ムだった。。と思う。。

おはよ。。

 
0

このエントリーをはてなブックマークに追加