school.19.04.02.02-フロイトの父(2)

愛情が足りない。。と。。愛
情を禁止している。。と。。
同じ欠如だが。。対処が違う
。。前者は愛情を足せばよい
が。。後者は愛情を否定して
いるから。。愛情以外のもの
になる。。

愛情を否定したのは父だ。。
父はその答えを持っているこ
とになる。。父を社会的な言
語体系と考えれば。。それは
言語の意味。。となるだろう
。。そしてこれは母の愛情の
ようには完結しない。。

言語体系があるなら。。言語
体系以前があるだろう。。言
語のない世界はしかし一般に
は現れてこない。。100人に1
理がそれを垣間見る。。

狂気か天才か。。だ。。しか
しほとんどは。。その言語は
。。社会的な論理性を持って
いない。。つまり。。社会的
には意味をなさない言語とな
る。。そしてそれはほとんど
が。。一生体系を持つことが
ない。。

母の愛情と。。父の言語。。
我は父と同一化して。。母と
の一体性から。。脱出しなけ
ればならない。。そう。。言
語は何者かを対象としている
。。それは社会的な父も同じ
だ。。欲望と言う。

f:id:Cokko:20190402184800j:plain
0

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください