school.19.04.09.01-フロイトの父(4)

主客未分の状態。。精神医学では母と子
の一体性だ。。主客分離の状態。。精神
医学では父と子の同一性だ。。なぜ。。
主客未分の状態に理想的なものを想像す
るのかな。。おれにとっては。。それは
狂気であり。。邪悪の本質だ。。

現実が苦しいから。。言葉以前。。言葉
は主客を分けるものだ。。に安らぎを求
めるのだろうが。。そこは。。現実以上
に苦しいものだ。。あるいは。。精神病
者は。。それに触れるから。。発症する
。。触れたから。。精神に異常をきたし
た。。とも考えられる。。

もちろん。。主客未分化の場所が。。安
らぎの場合がある。。母も菩薩と鬼女の
両面を持っているから。。しかし。。菩
薩に触れる場合は。。精神医学では軽い
症状。。神経症とかうつ病の場合だ。。
そして。。精神疾患はその場合がほとん
どだ。。うつ病と精神病では。。1:30
だから。。精神病の患者に出会う場合は
まれだ。。が。。その時の治療には注意
が必要です。。

精神医学に宗教性。。愛。。Love。。を
持ち込む人は。。うつ病を対象にしてい
ると考えた方が良い。。精神病では逆に
なる。。愛の過剰は。。精神病を悪化さ
せる。。精神病では。。善悪の価値基準
そのものが。。主客の未分離。。男女の
未分離。。等々。。と同じように。。解
体されている。。彼らに必要なのは。。
父との同一化。。自分と一致する。。社
会的欲望の発見。。体系化。。と物象化
です。。

f:id:Cokko:20190409191652j:plain

0

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください