school.19.05.07.01ーフロイトの父(32)

しんどい。。少し元気になったから
と。。少し頑張ればこれだ。。エネ
ルギーの蓄えが。。少なすぎる。。
事故して。。顔面強打。。首の骨が
折れて。。体力が半分以下に。。も
う。。一年半経つが。。まだまだ十
分には回復していない。。

量子効果論も。。近親相姦論も。。
基礎理論が完成して。。本格的に。。
フロイト論始める準備ができたが。。
これじゃ持たない。。途中でギブア
ップだ。。とりあえずは。。十分休
養して。。体力の回復を待とう。。

20才ころ。。精神は10才頃へ退
行するようだ。。06年かけて。。
26才ころ。。人生の意味付けを得る
。。しかし。。100人に01人が。。
意味付けを得られないまま。。04才
以前へ退行していく。。

04才以前にはまだ社会的な超自我と
出会っていない。。個人的な超自我
は解体され。。再構築される。。精
神病の発症だ。。

20世紀初頭にはヨーロッパ人は。。
世界の文化は。。つまり後進国の文
化は。。いずれヨーロッパのように
なる。。と考えていた。。しかし。。
02つの世界大戦を経て。。まずいと
考えたようだ。。先進国同士の争い
が。。今度は世界全体になると。。

20世紀末には。。それぞれの国はそ
れぞれ独自な進化をすればよい。。
と考えるようになった。。人間の自
我。。理性への崇拝も。。理想状態
への期待も。。もうかつてのように
は。。見られない。。20世紀末には
滅んだ。。と見てよい。。

21世紀になって。。最近。。理想だ
の。。理性だのと。。流行っている
。。60年代。。70年代の思潮が。。
それを知らない人たちの間に。。バ
ブル以降の人たちだが。。復活した
のだろう。。

 

f:id:Cokko:20190507193748j:plain

0

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください