coffee.20.01.28.02ーフロイト素描(19)

お腹空いたから。。おかゆと梅細食べた。。病院の
薬と。。カゼリック飲んだ。。あとは吐き気か。。
腰痛かと思っていたら。。一時間しても。。どちら
も起こらない。。と思えば胃が痛くなった。。病院
の薬追加して。。ついでにロキソニン。。だ。。ロ
ソニンは。。痛み止め中の痛み止めだ。。これが
効かないと病院。。と思えば。。十五分程度で収ま
った。。きょうは。。これで終わりだ。。

超自我が完成すると。。虚無が現れる。。空っぽで
はなくて。。無意識の欲望で満たされている。。気
が付かないだけだ。。超自我は。。意識と無意識を
分かつ。。これは。。言葉の性質による。。分離し
。。否定し。。支配する。。超自我の芽生えは。。
この機能の芽生えでもある。。超自我の完成によっ
て。。空虚は影へ。。闇へと成長していく。。

全ての人が闇を持つ。。しかし狂気はその一部分に
過ぎない。。これは。。超自我の機能。。意識と無
意識を直接触れ合わないようにする機能だが。。こ
の機能が不安定だと。。狂気が現れる。。無意識の
意識への潜入。。或いは。。精神的退行による。。
意識と無意識の触れ合い。。。。等々だ。。

命などない。。闇があるばかりだ。。命は。。釈迦
の作り事だ。。人は。。闇と。。母の代理物を持っ
ている。。欲望。。宗教的愛。。芸術的美。。科学
的真。。政治的権力。。経済的金力。。等々だ。。
をつかんでいるか。。掴みそこなった。。母の代理
物として。。言葉によって。。だけだ。。じゃ。。
光はないのか。。掴み損なった人は。。釈迦のよう
に。。自分で作るしかない。。病者は。。闇の中を
。。さ迷っている。。光強ければ。。闇もまた深し
。。ではないな。。闇深ければ。。光もまた強し。。
だな。。

ある人が言っていた。。キリストは神の子だから。。
人間じゃない。。人間の苦しみを本当に分かってい
るのか。。釈迦はその点。。人間だから。。人間の
苦しみをよく分かっている。。いろいろ議論もある
だろうが。。この人は。。神を信じているらしい。。
その人が最近。。おれと議論していて。。フロイト
を読みたくなったらしい。。おれも病的なバイアス
を持っているが。。この人は。。宗教的なバイアス
を持っているようだ。。ドイツ語で読もうとしてい
たから。。英語版の方が権威がありますよ。。と教
えておいたが。。フロイト無神論だから。。どう
かな。。

0

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください