coffee.19.10.23.01ーフロイト素描(07)

体調も。。気分も。。すぐれない。。一仕事終わっ
ても。。同じだ。。ブロン飲んだ。。安くていい。。
効きは遅いが。。まずまず。。1000円で。。一週間
分入っている。。カゼリックも。。クールワンも。。
止めて。。ブロンで凌ごう。。

折り返し地点に来たが。。楽しくもなんともない。。
虚無は。。やはり塞がらないようだ。。人間の宿命
だな。。虚無を埋めようとした努力が。。仕事とし
て。。残っていくだけなのだろう。。次の書籍の構
想はまだできていない。。タイトルは。。考えてい
る。。一応。。

タイトル。。病者のバイアス。。サブタイトル。。
フロイトのいる風景。。気象は18年かかって。。最
初の直感。。降水量分布はボルツマン分布を示す。。
を証明しただけだったが。。病歴は34年余っている
。。少しはマシなものがかけるだろう。。

むかし。。おれの文章を。。頽廃的だ。。といった
人がいたが。。その通りになったようだ。。人生。。
何が楽しいのだ。。おれが優越感に浸れるのは。。
過去の栄光。。勉強ができたこと。。仕事ができた
こと。。だけだ。。論文は最悪。。査読もつかない
。。10年経てば同じことだと慰めている。。

ということは。。また10年。。頑張れ。。というこ
とか。。kindle本。。はいい。。ペンネームが使え
る。。リアルのみんなに。。知らないふりができる
。。おれが精神病だと。。カミングアウトしなくて
すむ。。さて。。膨大なメモ。。どこから手を付け
ようか。。

0

このエントリーをはてなブックマークに追加

college.19.10.14.01ーフロイト素描(04)

きょうは。。ブロン。。定量飲んでみた。。昨日のよう
には。。めまいも吐き気も怒らない。。が苦しい。。お
れの精神は安定しないから。。しんどい。。つらい。。
だるい。。苦しい。。だ。。向精神薬以外の。。サプリ
選びには苦労する。。でも。。おれが精神病だと知って
いるのは先生だけだ。。娘もおばあちゃんも。。おれを
精神病などとは思っていない。。世間も同じだ。。おれ
が少し変なのは。。事故してからだと思っている。。世
間は。。勉強ができて。。仕事ができれば。。病気だと
は考えない。。精神障害と知的障害は違うが。。区別は
ついていない。。先生は言う。。キリストは神の子とし
て描かれる。。神に人間の苦しみが分かるのだろうか。。
釈迦は人間として描かれているから。。人間の苦しみを
よく分かっているだろう。。この言い方には問題がある
。。同じ論法で。。病気でない先生に。。病人の苦しみ
が分かるのか。。だ。。おれは無理だと思っている。。
人は分かり会えないから。。正気でいられる。。と。。

愛の希薄。。不足が虚無を生む。。心の空っぽな部分だ
。。病人はその虚無を病的な風景で埋めている。。心の
虚無を愛で満たせば。。或いは。。愛で包めば。。病気
は治る。。いい発想だが。。虚無の出来具合は違う。。
過剰な愛でも。。虚無は生まれる。。愛の原型は近親相
姦だからだ。。近親相姦の。。父の否定によって。。虚
無は生まれる。。人類に普遍的に。。どんな民族でも。。
近親相姦のタブーを持っている。。従って。。近親相姦
願望と虚無は。。人類に普遍的なものだ。。虚無は。。
愛の不可能の場所にある。。しかし愛の理論は強力だ。。
近親相姦の否定によって。。その他の欲望が。。抑圧か
ら開放されるからだ。。暴力とか。。アドラー的に。。
優越感状。。支配欲。。と言ってもよい。。人間の。。
あるいは生物の。。生存競争には必須のものだ。。近親
相姦願望は。。その否定によって。。恋愛感情に変わる
。。そして。。開放された暴力によって。。愛は。。さ
らに進化する。。母と子の愛は。。男と女の愛を進化さ
せて。。隣人愛。。へと昇華される。。

病気は。。この虚無を。。その他の欲望で塞ぐことに失
敗したときに起こる。。愛は相対化されて。。その欲望
は人それぞれだ。。愛ではない。。じゃなく。。愛だけ
ではない。。だ。。開放された欲望で。。虚無が塞がれ
ないと。。子は父を否定できない。。開放された欲望を
。。言葉ですくい取り。。体系化していく中で。。子は
母とも父とも違う自分を発見するからだ。。超自我の目
覚めとも。。自己アイデンティティの目覚めとも言う。。
この自我を。。病人は作れない。。或いは不安定な自我
となる。。超自我の完成とともに。。虚無が露となる。。
病人は。。自我。。或いは自己。。を確認できない。。
失ってしまった。。といってもよい。。病気の始まりは
。。超自我の完成とともに起こる。。

0

このエントリーをはてなブックマークに追加

college.19.10.13.01ーフロイト素描(02)

ブロン飲んでみた。。定量の二倍飲んだだけで。。めまい。。
吐き気。。二時間ぐらい。。フラフラして。。立てない。。
歩けない。。じっと座っていた。。カゼリックも。。クール
ワンも。。定量の二倍飲んでいるが。。そんな症状はなかっ
た。。くすりの効き具合も。。値段なりかと思っていたが。。
そうでもないようだ。。

しかし。。体調も。。気分もいい。。論文が。。書籍化間近
だからか。。先生の言うように。。論文が完成すれば。。病
気が治るのか。。怖いものがなくなるから。。だとか。。何
を怖がっているのだろう。。分からないが。。愛の不足じゃ
ないようだ。。おれの理論は逆で。。愛の過剰が。。他の欲
望を抑圧しているから。。だと考えている。。病気は。。虚
無の発生から始まる。。ラカンは言う。。虚無は欲望で埋め
る。。それに失敗すると。。病気になる。。とおれは考えて
いる。。

虚無は。。04才ころ。。近親相姦願望を。。父によって否定
されて現れる。。愛の不可能が虚無だ。。人類の誰もが持っ
ている。。愛は相対化されて。。他の欲望が開放され。。虚
無を埋める。。愛が強すぎると。。他の欲望は抑圧されたま
まで。。開放されない。。一般には。。欲望の開放の後。。
子は父を否定して。。超自我の芽生え。。親離れが起こる。。
10才ころだ。。欲望群の中心に自我が。。母から離れ。。達
したことになる。。自己アイデンティティの目覚めでもある
。。愛が過剰だと。。この精神史に障害が起こる。。と考え
ている。。

愛が希薄だから虚無が生まれる。。そのとおりだが。。虚無
は他の自分の欲望で埋める。。愛で埋めるのでも。。愛で包
むのでもない。。虚無は。。愛の不可能の場所にある。。

0

このエントリーをはてなブックマークに追加