psycho.19.02.06.01

そんなに。。簡単に。。認められた
りしないよ。。世間の目はもっと冷
たい。。思うように認められていれ
ば。。おれは。。今頃。。大富豪で
セレブだ。。

あのフロイトでさえ。。夢判断を。。
600部。。自費出版して。。売り切
るのに。。10年かかったという。。
話しだ。。比べられはしないが。。
いい教訓だ。。

さて。。ボチボチ。。と。。続きし
よう。。本論後編。。だ。。まだ先
は長い。。まだ。。1/4しか終わっ
ていない。。気長に。。行こう。。
休み休み。。行こう。。


 

気象と量子力学と統計力学(本論前編)

人間の心は氷山のようなもの
だ。。見えている部分より。。
見えていない部分の方が大き
い。。か。。

じゃ。。大気と海水は何か。。
だな。。

おれは。。言語化されている
ものの領域と。。言語化され
ていないものの領域と。。だ
と思う。。

気象の論文。。気象と量子力
学と統計力学。。本論前編。。

入力。。終わり。。しばらく
。。のんびりしよう。。

興味のある方はどうぞ。。ご
意見。。ご感想等。。伺えれ
ば。。喜びます。。

気象と統計力学(P)。。本論前編。。


psycho.19.02.05.01

人間の心は氷山のようなもの
だ。。見えている部分より。。
見えていない部分の方が大き
い。。か。。

じゃ。。大気と海水は何か。。
だな。。

おれは言葉だと思う。。言葉
のある領域と。。言葉のない
領域と。。だ。。

気象の論文。。気象と量子力
学と統計力学。。本論前編。。

入力。。終わり。。しばらく
。。のんびりしよう。。

興味のある方はどうぞ。。ご
意見。。ご感想等。。伺えれ
ば。。喜びます。。

気象と統計力学(P)。。本論前編。。

psycho.19.02.04.02

言葉は。。何ものかの。。対象物を
持つ。。そして。。その何ものかの
領域は。。言葉の領域より。。大き
い。。言葉は。。虚無を。。本質的
に。。無意識の中に。。持っている
。。これは。。最初。。言葉を習う
時の。。自我の成立として現れる。。
01才ころだろう。。虚無が。。母と
子を分離する。。契機となる。。そ
れは。。ある意味。。近親相姦関係
の。。否定の萌芽でもある。。

Farther。。と出会うことによって
。。04才ころだ。。母と子の。。近
親相姦関係が否定され。。愛は。。
永遠に不可能なものになる。。自我
の構造化。。意味を持たない。。慣
習。。規則。。等々。。が始まる。。
構造とは。。愛で満たされない欲望
と。。言葉の虚無性の。。結合の産
物だ。。言葉だけでは。。構造化し
ない。。本能の持つ。。支配関係が
必要だ。。この意味の不在は。。永
遠に続き。。人は。。母の代理物を
探し続けることになる。。

言葉の持つ虚無は。。言葉で埋めれ
ばいい。。と考えられるが。。言葉
の歴史は五千年ある。。虚無は。。
言葉の世界の中には。。容易に表れ
てはこない。。ありきたりの言葉が
。。虚無が現れれると。。即座に。。
無意識の内に。。塞いでしまう。。
虚無が人に現れるのは。。1/100。。
の確立だ。。そう。。母と子の。。
近親相姦関係が強い。。父の否定よ
り。。場合だ。。Fartherの構造。。
言語体系を。。十分に承認できない
場合だ。。近親相姦願望が強い人に
は。。言葉の持つ虚無が。。現れや
すくなる。。

言葉は我と彼を分ける。。そして我
と彼のどちらかを否定し。。支配す
る。。構造の持つ本質的な機能だ。。
意味を持った体系が現れるのは。。
その虚無性に出会い。。新しい言葉
で。。その虚無を塞いだ時だ。。人
は構造の中。。一部分が体系化され
。。意味を持った。。に。。マーヤ
の幻想。。ベール。。を被って住ん
でいる。。時系列化された。。記憶
の因果律の中だ。。が。。これは構
造の一部に過ぎない。。から。。人
生の意味の不在に出会うこともある
。。意味の体系から出て。構造に触
れた時だ。。場合によっては。。そ
の構造。。を。。壊してしまうこと
も起こりうる。。精神病の発症だ。。

んー?!。。うまく書けない。。

構造は。。愛で満たされない欲望を
土台とし。。意味のある体系化され
た部分と。。意味のない体系化され
ない部分を持つ。。分離と否定と支
配をその本質とし。。意味がないこ
とと。。言葉のもっている虚無性と
は。。違ったものだ。。意味は。。
言葉ですくい取られた部分にしか存
在しない。。無意味は。。言葉です
くい取られたものの中にも。。言葉
ですくい取れないものの中にも存在
する。。すると。。虚無は。。言葉
ですくい取れない部分に属し。。意
味の不在の部分を指す。。かな。。
言葉と言葉の持つ虚無性をつなぐの
が。。構造か。。な。。

・・・・・・・

頭いいなら。。分かるように。。書
いて見せろ。。

秀才は。。言葉はあるが。。意味の
ない構造の中に意味を発見し。。天
才は。。言葉も意味もない構造の中
。。外??。。に言葉と意味を発見
する。。かな??。。構造も。。だ
とすると。。構造は。。言葉ででき
ているから。。意味と構造のある意
識と。。意味はないが構造はある超
自我と。。意味も構造もない無意識
。。となるのか。。な。。従って。。
無意識。。意識されない。。自分に
とって不都合な欲望群は。。広大な
虚無の一部分だ。。かな。。

止め。。

とりあえず。。気象の論文。。入力
しよう。。少しだけ。。


 



psycho.19.02.04.01

10hr。。寝た。。夜昼逆転は。。
いいが。。まだしんどい。。も
うひと眠り。。しようか。。そ
れとも。。論文。。ネットに。。
アップするか。。

論文。。ネットに。。アップし
始めて。。うつも。。起きた時
の。。後ろめたさも。。なくな
った。。案外。。こんなものが
。。生の。。根拠。。証。。に
なっていたのかな。。

10日頑張ったからかな。。しん
どいのは。。しかし。。まだ。。
全体の。。1/4。。だ。。が。。

しんどい。。時は。。寝る。。こ
んな簡単な命題。。に。。最近気
が付いた。。くすり飲んで。。頑
張るんじゃない。。くすりへの依
存は。。頑張る。。所から来てい
る。。と思う。。

天才。。だよね。。人間の持つ。。
普遍的な虚無に出会い。。五千年
の。。言葉の歴史を越えて。。新
しい言葉を発見した人。。だ。。

虚無に。。出会うことが必要だが
。。これは。。なかなかできない
。。虚無に出会うと。。人は。。
無意識の内に。。ありきたりの。。
言葉と欲望で。。塞いでしまうか
ら。。

みんなが。。何十年も眺めてきた
観測値の中に。。虚無を見出す。。
ということは。。容易ではない。。
と思う。。ラカンとは。。見解が
。。少し。。斎藤環の。。ラカン
だが。。違ってきたようだ。。

こうして。。一つの命題が。。生
まれる。。虚無は。。無意識の中
にあって。。無意識に。。人を動
かせる。。動機となっている。。
人は。。言葉を習得することによ
って。。父と母から離れ。。他者
を求める。。動機を。。無意識の
内に。。得る。。


 

psycho.19.02.03.02

鏡像段階論とエディプスコンプレックス
の解消と言葉の持つ虚無性が。。繋がら
ない。。バラバラの。。独立した命題。。
なのか??。。心の虚無と。。言葉の持
つ虚無性は。。同じ虚無なのか??。。
鏡像は。。言葉で置き換えられるのか?
?。。

入力中。。継続時間分布の検証。。

だるい。。しんどい。。から。。ここま
で。。降水量分布の検証は。。あす。。
入力しよう。。


  

psycho.19.02.03.01

情報の伝達。。情報の蓄積。。情報の
交換。。の道具としての。。言葉。。
これは支配階級の支配の成立の過程に
似ている。。言葉は。。文字か。。古
代。。支配階級の証だった。。。

父と母からの独立。。は。。虚無をも
たらした。。父と母から他者への転換
でもある。。が。。父と母の支配から
の。。逃避でもある。。愛憎のアンビ
バレント。。だ。。

きょうは。。継続時間の検証。。入力。。


 

psycho.19.02.02.04

人はみな心に空虚。。を持っている。。
しかしその空虚は。。空虚に。。意識
が向くと。。即座に。。無意識の内に
。。くだらない。。馬鹿々々しい。。
つまらない。。ありきたりの。。欲望
と言葉によって。。塞がれて。。気づ
くことはない。。しかし。。1/100が
。。塞ぐべく。。欲望も言葉も。。湧
いてこないで。。その空白をじっと見
てしまう。。言葉が本質的に持つ空虚
への出会い。。だ。。五千年の。。言
葉と欲望の歴史への。。旅が始まる。。

きょうの。。入力。。

観測値の整理

 




psycho.19.02.02.03

脳の細胞には一杯枝毛がある。シノプス。。
という。。シノプスとシノプスが触れ合う
と。。電流が走って。。火花が散る。。俗
に。。閃くという。。勉強を。。頭を使え
ば。。使うほど。。シノプスは多くなり。。
長くなって。。触れ合う機会が多くなる。。

ユングは。。あまり閃かなかった。。フロ
イトは。。人生の解答をくれた。。ラカン
は。。言葉をくれた。。もう一度。。ユン
グを読んで。。人生の出発点について。。
或いは。。宗教。。人間性の完成。。につ
いて。。考えてみようか。。いつか。。機
会があればだが。。


 

psycho.19.02.02.02

君とおれは繋がれる。。残念だが。。
錯覚だ。。君がおれを。。100パー
セントの精度で。。理解すれば。。
100パーセントの精度で。。君は気
違いになれる。。おれと君は。。理
解し合えないから。。君は。。正気
でいられる。。

君は。。くすりの。。ODを。。止め
ろという。。しかしこれが。。病気
の症状だ。。止められない。。止め
させたければ。。病気の治療に専念
して。。病状を軽くすべきだ。。つ
らい。。しんどい。。悲しい。。寂
しい。。イライラする。。情けない
。。等々。。OD。。しているおれを
。。悪く言うのは。。君の責任転換
だ。。真に責められるべきは。。君
の医療技術だ。。

父と母から。。言葉を習得すること
によって。。自然に離れる。。他者
に出会う動機は。。言葉そのものが
持つ性質。。虚無。。によるのか。。
すると。。人は一生。。虚無から逃
れられない。。そして。。言葉の本
質は。。支配関係。。否定。。だ。。
弱いもいじめという本能だ。。従っ
て。。安定はかりそめで。。妥協の
産物。。だな。。人が完全であれば
。。人と人が出会うこと。。必然性
。。動機。。必要。。がない。。か
な。。

だるい。。