coffee.18.07.06.01ーフロイト雑感(12)

結局。。人と人は理解し合えないのだと思う。。
大学教授も、会社の上司も、元嫁たちも。。理
解し合えていれば。。いまも一緒にいられたろ
う。。Father。。だよね。。高校、大学時、が、
人生の、16才以降だ、ひな型になる。。精神病
はこの時期に発症する。。フロイト的なオーソ
ドックスな解釈だ。。不幸な学生時代は、不幸
な社会生活を暗示する。。16才以前に精神病は
発症しない。。特に10才以前には自我がないか
らだ。。おれの近親相姦論では。。だ。。異論
はもちろん認める。。精神病は社会的な自我の
確立の失敗だ。。16才頃に在ったはずの自我が
かき消える病気だ。。となる。。自殺願望、希
死念慮、離人症等は狂気への入り口の症状、自
我のFatherの前での消失、となる。。と考えら
れる。。一般に人は人生の大問題に正面から取
り組む愚をしない。。精神病の人たちはこの愚
を実行する。。そして体力を多大に消耗しなが
ら、一日考えている。。答えはない。。確かに
人生について考えることは大切なことではある
が、人生の浪費、最大の愚行、贅沢な苦悩、で
もある。。IQ150の私が、偏差値75の私が、なぜ
こんなことになるのよ。。この病気ではよく聞
く話だ。残酷に、その苦しみを乗り越えなけれ
ば本物ではない。。と言うこともできる。。シ
ョーペンハウエルのように、誰も射れない的を
射るか、誰にも見えない的を射るか。。のどち
らかだ。。後者なら。。誰も口出しできないし、
相談相手にもなれない。。二重らせんのワトソ
ンも書いているらしい。。偉大な発見をしたけ
れば孤独に耐えなくちゃいけない。。と。。近
親相姦願望が強いと、父への反抗だけではなく、
人と人が繋がれなくなる。。父を受け入れない
ということは、母の代理物を求めないというこ
とだからだ。或いは、求める必要がないという
ことだからだ。。自我の目覚め、10才頃の、も
不安定なものとなり、自我の確立も不安定なも
のとなる。。母の愛が、人と人の繋がり、を教
えるのではない。母の愛が強くても、子の近親
相姦願望が強ければ、自我は不安定となり、社
会的に確立し難くなる。。16才頃、自我は有限
の肉体的世界から、広大な精神的世界へと飛躍
する。。前提として、肉体的な自我の安定が必
要となる。。これらは自覚のないまま、つまり
近親相姦願望は、10才頃に、無意識のうちに、
邪悪な欲望として、無意識の中に消え、封印さ
れ、ている。。不安定な自我は無意識のうちに
無意識に脅かされ続けることになる。。

きょうも一日雨か。。

よく降るな。。

ごご。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください