coffee.18.07.27.03ーフロイト雑感(23)

夜中に。。掃除した。。少し動いた
だけで。。暑い。。
トントン。。か。。
いつか死ぬとは分かっていても、寿
命だとは分かっていても、つらい。。

死んだ人の心が自分の心の中に入っ
てきた。君はどう思う。。先生はよ
くおれの解釋を聞きたがる。。病気
の話ができる患者はおれだけだから
らしい。。その人が好きだったんで
しょう。。一体化していた時の記憶
とか感情が、その人の死を契機に、
よみがえったんだと思います。。多
分、4才以前の記憶と感情です。。フ
ロイトは転移と言っています。。死
と性は裏表です。。近親相姦願望が
強いほど、父を殺して母を奪う、で
すね。フロイトはエディプスと呼ん
でいます。。無意識は自覚されない
意識、心の領域だから、意識に無意
識が他者として入ってきたのでしょ
う。。この場合の死者はその無意識
の代理、一体化していますが、命、
魂、心、です。。
同じものがなぜ別々のものになるの
ですか。。
4才頃までは一体、同一でした。。
4才頃にFatherと出会うからです。。
現実的には幼稚園です。。母と子の
同一。。これを近親相姦関係と置き
換えれば。。Fatherは近親相姦の禁
止、タブーとして現れます。。子の
心は母の愛で満たすことができなく
なり、母の代理物を求めて、初恋の
時期になります。。心は欲望群の塊
りだから。。子は母と離れることに
よって、その意識は初恋を契機とし
て、欲望群の中心へ移動します。。
意識が欲望群の中心へ達した時が自
我の目覚めです。。10才くらいです
。。自我は、小学校、中学校、高校
へと進むにしたがって成長し、母と
は違った個性、人格となります。。
同じことばかり聞いてすみません。。
容易に呑み込めなくて。。
いいですよ。。ゆっくり行きまし
ょう。。

ありがとう。。おやすみ。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください