coffee.18.07.29.03

言動が。。だいぶん。。復調してきた。。

自我は意識の上につける仮面のようなものか。。
自我は意識の上に着る衣装のようなものか。。

16才はその衣替えか。。

心が満たされないときは。。他者か自己か。。
の不在の場合が多い。。そして自己の場合に
は。。精神の深いところにある自我の欠如に
達している。。

この仮面が。。Father、社会的価値基準、社
会的価値判断。。に等しいか近ければ。。何
の問題も起こらない。。

16才頃の精神史が書ければ。。おれのフロイ
ト論、おれの近親相姦論も完成だが。。

きゅうけい。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください