coffee.18.08.05.02ーフロイト雑感(24)

不安定な自我の上に。。壮麗なFather
のロジック、構造物を建築する。。ま
ず。。潰れるな。。土砂がたまった。。
ダムの決壊でもよいが。。

愛で満たされと心と。。空っぽの心が
ある。。後者を精神病とすれば。。愛
で満たせばよい。。ことになる。。し
かし。。空っぽの心などない。。そう
見えるだけだ。。自覚されない意識、
無意識で満たされている。。無意識は
自分にとって。。自覚されない。。不
都合な欲望群だ。。エネルギーを持っ
ている。。その欲望群の中核に位置す
るものが。。近親相姦願望。。つまり
。。愛の原型だ。。空っぽの心には。。
否定された愛が詰まっており。。その
エネルギーが。。自我を脅かす。。こ
の作用は自覚されないから。。自我は
何時も不安定なままに。。成長してい
くことになる。。ダムの決壊に例える
と。。湖水がFatherのロジック。。土
砂が。。無意識の不都合な欲望群。。
ダムが自我。。ということになって。。
4才頃に自我が目覚め。。それらは大き
くなって。。つまり成長していくが。。
バランスの壊れる時が発病。。20才前
後。。かな。。この理論では壊れるも
のは自我の崩壊。。としたが。。愛の
欠如では何かな。。意識の中心、自我。。
超自我の中心、Father。。無意識の中
心、ido。。だが。。壊れるものはやは
り。。自我だとは自明だな。。すると。。
妄想的なつながり、愛の対象、他者の
出現。。か。。無意識だとすると。。
欲望群としたから。。愛はその一つで
あり、愛だけではなくなる。。な。。

ごご。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください