coffee.18.08.19.02

それなりに。。勉強もスポーツもできれば。。
学生であれば。。憧れの人になるだろうが。。
彼らには。。足りないものがある。。現実の、
人生の苦労だ。。その人が持っている。。闇
の深さも。。人間の価値尺度、価値基準の一
つになると思う。。残念ながら。。精神科の
多くの医師が。。この闇が見えないことだ。。
愛が在るかないかで判断してしまう。。愛が
なければ。。意識の外側。。そこにあるのは
空虚ではなくて。。闇、カオスだ。。超自我
で封印された無意識だ。。愛か闇か。。芸術
ではよく扱われる素材だ。。言葉によって自
我を明確にしていく過程の中で。。彼らは。。
自分が持っている。。愛、光、と悪、闇、に
出会う。。彼らの苦しみが始まる。。闇の中
には。。永遠の少年、永遠の少女。。彼らは
宇宙の瞳と呼ばれている。。が住んでいる。。
或いは囚われている。。芸術家はその瞳に魅
入られた人たちだ。。病人も同類だろう。。
芸術家のように。。言語化できないだけだ。。
イメージが曖昧なのだろう。。が。。このイ
メージを明確にする作業。。この曖昧性の呪
縛を断ち切るのは容易ではない。。10才で自
我が芽生え、16才で言語に出会う。。かな。。
農耕民族の誕生と古代国家の成立の。。アナ
ロジー。。だ。。

ごご。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください