coffee.18.09.04.02

球体だよね。。壁でもいいけど。。小林秀雄は、
学生時代。。ボードレールという球体に閉じ込
められたようだ。。出口はなかったと書いてい
る。。おれも学生時代。。ニュートンという空
間に閉じ込められた。。物理的な時間だけが。。
無常に過ぎていった。。小林の球体を壊したの
は。。ランボーだったようだが。。おれの場合
は。。狂気だった。。何が正気と狂気を分けた
のか。。小林の私小説論はすぐに世間に受け入
れられたが。。おれの量子効果論は受け入れら
れなかった。。16才で論理に出会い。。20才で
価値観が芽生え。。26歳で完成する。。とする
。。世間の価値観と小林の価値観とおれの価値
観、の距離とそれらの差だと思う。。小林の引
用する天才たちの言葉はおれにとって福音だっ
たが。。小林自身の言葉は。。おれにとっては
。。センチメンタルだった。。小林のレトリッ
ク以外はいつも飛ばして読んでいた。。そして
。。それは。。正解だったように思う。。

ごご。。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください