coffee.18.09.08.03

もう一つ。。20才前後の。。精神史をつかめ
ないでいる。。4才をもう一度繰り返しては
いるが。。16才で0才へ回帰しなければ。。
そのあとの飛躍が。。説明できない。。回帰
し。。繰り返すから。。それまでの自我から
飛躍する。。感情と論理。。暴力と理性。。
肉体と精神。。宗教性と科学性。。等々。。
狂気と正気を分けるキー、契機、が。。16才
から20才の間に。。あるはずだが。。

或いは。。それらの中間物。。か。。すると
。。宗教的。。暴力的。。科学的。。か。。
16才から20才は。。ルネッサンス。。32才か
ら36才は。。フランス革命。。ということに
なる。。20才代は。。暴力的だ。。ゲームと
か。。一昔前は学生運動とか。。4才から10
才は。。農耕民族。。10才から16才は。。古
代国家。。か。。歴史風に言えば。。科学性
は。。宗教性に比べれば。。かなり。。否。。
デカルト的懐疑から。。決定的に。。遅れて
やってくる。。かな。。20才から26才は。。
戦乱国家。。26才から32才は。。統一国家。。
となる。。かな。。やや。。図式的だが。。

ゆうぐれ。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください