coffee.18.08.26.01ーフロイト雑感(25)

食べて、寝て、くすり飲んでいればれば。。元
気にはなるだろうが。。2/3の患者の病気は治ら
ない。。数年ごとに。。おれの場合ほぼ5年ごと
に。。再発する。。或いは。。元気にならない
人も1/3。。さっきの数字の中の半分。。いる。。
おれの理論だと。。近親相姦願望の強さと価値
判断、Fatherの価値判断からの遠さ、による。。
遠ければ、Fatherの価値判断より、近親相姦願
望も強くなる。。価値判断だから1/3ずつとなる
。。善い、悪い、保留だ。。戦う、逃げる、諦
める。。かな。。じゃ。。何故再発が避けられ
ないか。。だ。。過去の病的な偉人達の伝記も、
病気が治ったとは書いていないようだ。。が。。
ノーベル賞の歴史の中には。。精神病者はいな
いようだ。。不思議ではある。。史実は。。余
り当てにできない。。ということかな。。ほと
んどが。。伝説の類だから。。ただ。。奇行が
多いことは事実のようだ。。それを病気と見る
かどうか。。かな。。いずれにせよ。。その分、
普通の人とは違ったものの見方、考え方ができ
るのだろう。。価値観の違いが空しさと孤独を
生む。。Fatherの価値観の中には自分の価値観、
自己がいないから。。病気が再発を繰り返すの
は。。この価値観、愛、Loveも含めて、の差、
溝、が埋まらないからだろう。。先哲に習って
。。自分の価値観、世界、を構築しても、その
溝は埋められない。。つまり、2/3の精神病者
の病気は治らない。。何年かに一度。。ダムに
溜まった土砂、ストレスかな、を吐き出さなき
ゃいけない。。価値の源泉は労働だ。。と。。
リカードに習って定義しよう。。病理学的には
。。セックスのリズムが労働のリズムへ転換し
。。16才頃に出会う言葉のリズムによって。。
価値体系へと構築さえていく。。もちろんセッ
クスのリズムの源泉は。。母の胎内で聞いた母
の心臓の鼓動、意識の目覚めの記憶だ。。この
間彼らは。。空しさと孤独の中で。。Fatherの
価値体系と向き合っている。。つまり。。自分
の居場所を探している。。そしてその差異はい
よいよ埋められなくなる。。人生の道、人生の
大問題の解答、を探しているようなものだ。。

おはよ。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください