psycho.18.11.06.04ーフロイト雑感(38)

デカルト的懐疑に陥っても。。愛や神を確信
する人は。。そのまま自我の完成。。社会化
を目指すだろう。。一応。。26才頃にはそれ
が終わると思われる。。デカルト的懐疑に陥
って。。超自我の壁を自我が越えると。。そ
の人は。。闇の中をさまようことになる。。
そして。。大多数は。。その闇から抜けられ
ない。。

闇の中で自我は近親相姦願望に引き寄せられ
ていく。。記憶の中に。。心の空虚を埋める
本物を探すため。。過去を遡っていく。。本
物の根拠を探す。ためと言い換えてもいい。。
精神的退行という。。これが10才以前にまで
さかのぼると。。病的になり。。04才以前だ
と。。精神病の発病となる。。

自我の目覚めを10才ころとしているから。。
それ以降への退行は。。病的にならない。。
自我が安定しているから、超自我も揺るがな
いためだ。。10才以前だと。。自我も超自我
も不安定になり。。04才以前への退行は。。
Fatherと出会う前だから。。超自我は壊れる
。。04才以前は。。母と子が一体で同一の状
態だ。。自我も超自我も存在できない。。つ
まり。。自我も壊れ。。意識には。。自我の
痕跡として。。自我の一点だけが残る。。

無意識。。は深層へ行けば行くほど。。カオ
ス的。。偶然的。。妄想と混乱。。そして恐
怖の場となる。。Fatherと再び出会うとは。。
近親相姦願望に取りつかれることだ。。父を
殺して母を奪う。。できない相談だ。。自我
は不安定となり。。希死念慮、自殺願望、対
人恐怖症、離人症等を発症する。。フロイト
に倣って。。エディプスの呪縛。。と呼ぼう
。。04才から10才までの退行の症状だ。。そ
れ以前。。04才以前だと。。自我の一点が。。
カオスの海。。偶然性の系譜。。妄想と混乱
と恐怖に取り巻かれる。。26才ころの発病の
症状だと思われる。。

99人が26才で自我を社会化し。。一方。。01
人が26才で精神病を発症する。。正の力。。
愛。。より。。負の力。。近親相姦願望。。
が強いから。。だ。。ということになる。。
病気の人は。。04才から10才の06年間をもう
一度生きて。。06年遅れて。。32才で自我の
完成と社会化を果たす。。

きゅうけい。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください