psycho.18.11.12.04ーフロイト雑感(43-2)

むかし。。障害者施設でバイトして
いた。。自閉症と統合失調症の障害
者がほとんどだった。。社会の歯車
にもなれない彼らを見ていたら。。
悲しくなって。。数か月で辞めた。。

Fatherに会って。。人生の命題を得
るのもいいが。。当面の目標は。。
やはり社会復帰だろう。。カウンセ
リングが。。どの程度役に立つかは
。。少なくとも。。おれの場合。。
分からないが。。くすり飲んで。。
食べて。。寝ていれば。。数年で症
状は落ち着く。。05年もすれば。。
社会復帰できるだろう。。

数年が長いか短いかは。。患者それ
ぞれだから。。何とも言えないが。。
若いうちの。。20才台として。。数
年は。。遅れの内には入らない。。
数年で。。能力にもよるし、努力に
もよるし、分野にもよるが。。追い
つき。。追い越す。。人もいるだろ
う。。まっ。。数年なら。。遅れな
がらでも。。付いて行けるだろう。。

26才で発病したとしよう。。Father
に会って。。近親相姦願望を否定す
る。。愛も欲望も体の中に流れ込む
。。エディプスの呪縛から解き放た
れて。。心も体も社会も動き始める
。。彼の自我は社会に開かれる。。
32才ころだ。。おれはそれから。。
新しい地平。。人生の命題を求め始
めたが。。そうしなきゃいけない必
然性はないだろう。。と思う。。

きゅうけい。。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください