psycho.18.11.16.02

26才で。。欲望として。。Father
に出会い。。36才で。。言葉とし
て。。Father。。に出会う。。と
いうことか。。しかし。。一般に
は。。言葉に出会うことは少ない
。。32才まででいいのではないか
。。病気で苦しんでいる。。それ
が解決できれば。。それでいいの
ではないのか。。

42才の。。人生の命題を得る。。
これが。。一般的に言って。。何
の意味があるのか。。金と。。力
と。。女が手に入れば。。十分だ
ろう。。病気を治すことと。。人
生の命題を得ることは。。同じで
もないし。。医学の目的でもない
。。君は病気を治したい訳でも。。
病気で苦しんでいる人を治したい
とも思っているわけでもない。。
ですね。。単なる。。知的好奇心
から。。病気について考えている
だけですね。。か。。

そんな患者に。。何故議論を吹っ
掛けるんだ。。君しか。。病気に
ついて。。話せる人が。。患者の
中にいないから。。それに君は。。
私の先生と同じことをよく口にす
る。。君の言葉は。。先生と同じ
で。。私の胸に響く。。か。。た
だ。。生きている意味。。人生の
価値と意味についてはよく考えて
いる。。病気がおれの人生の一部
だから。。当然。。病気に関する
発言が多くなる。。

先生は理論をお持ちだから。。そ
れに従って。。患者を治療すれば
いいんじゃないですか。。それが
もう一つ。。腹に入らないから。。
か。。先生は悟り。。それも。。
大悟徹底。。だ。。を得たいよう
だ。。おれに聞いても。。科学的
に、論理的に、明証的に。。命題
を積み上げていって。。喜んでい
る。。だけだと思うが。。

ゆうぐれ。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください