psycho.18.11.20.02ーエディプスの呪縛(2)

だるい。。灯油買いに行かなくちゃいけ
ないが。。灯油が切れれば。。寝るとし
よう。。灯油買いに行くのは。。明日に
しよう。。

くすり。。一錠増やしたから。。いつで
も寝れる。。一日中。。寝ていられる。。
頭と。。心と。。体と。。休めるにはち
ょうどいい。。

フロイトの理論は。。汎性欲説として。。
発表当時から。。知識人たちには敬遠さ
れていたが。。案外。。歴史的には開け
ている。。おれはフロイトの理論を。。
歴史的に、政治的に、経済的に、記述し
ただけだ。。例えば。。再発を繰り返す
のは。。Fatherの欲望の一つを選んだか
ら。。考える対象が限られてきて。。Fa-
therの根幹。。無意識に触れやすくなる
からだ。。とか。。エディプスには父が
いるから。。父をFather。。歴史的、文
化的、社会的、な言語体系としてとらえ
ると。。フロイトの理論は。。社会科学
的な記述ができることになる。。

一年ほど。。某ブログサイト使っていた
が。。評判ほどは。。PV伸びなかった。。
多くて。。60PV。。ほどだった。。WPに
変えて。。半年足らずだが。。あっさり
。。400PV。。超えてしまった。。小バ
ズ。。だ。。書いているコンテンツは同
じだが。。画像は今回付けたが。。評判
の割には。。小さな。。SNSだったよう
だ。。まっ。。ネットは。。嘘の。。い
いかげんなか。。釣り糸か。。情報であ
ふれているが。。

むかし。。病気して。。田舎に帰ったこ
ろだ。。おれは出かける時。。いつもセ
カンドバッグを持っていた。。兄貴ぃ。。
なんでセカンドバッグ持って歩くの。。
弟が変人のおれに。。家族はおれのこと
をそう思っていた。。聞いてきた。。街
では誰も。。男どもは。。セカンドバッ
グなど持っていなかった。。ポケットが
膨らむのが嫌だから。。女みたいだ。。
もともと。。オナルの。。ユニセクシャ
ルだったが。。

それから数年としないうちに。。街の男
どもはみなセカンドバック持って歩くよ
うになった。。セレブたちが持ち歩くか
らだ。。はじめて。。兄貴が理解できた
。。と弟は言っていた。。この人は。。
人より先を歩いている。。流行りも。。
主義主張も。。関係ない。。と。。フー
ン。。だ。。単なる偶然だ。。そんな理
解もあるのだろうが。。

いまも。。気にならない。。好みで選ん
で。。書いたり貼ったりしている。。世
のため。。人のため。。関係ない。。お
れには。。おれの世界があればよい。。
だ。。引退したから。。自由でいたい。。
引退爺さんのように。。ご意見番よろし
く。。経済批評も。。政治批評も。。時
代批評もしない。。本能に。。感性と知
性か。。忠実だ。。おかげで。。行くサ
イト。。行くサイト。。みな。。強制退
会だ。。自分では。。自重はしているつ
もりだが。。それもかなり。。ツイツイ
。。だ。。やりにくい。。

ゆうぐれ。。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください