psycho.18.12.07.01

しんどい。。食べても。。寝ても。。
しんどい時がある。。疲れがたまっ
たのか。。じゃ。。何して。。疲れ
がたまったのだ。。頭も心も。。空
白になる。。寝るしかないが。。眠
りたくない。。

んー?!。。

積極的な確信。。消極的な妥協。。
それらは。。超自我の土台をなす。。
かな。。それらへの懐疑と不安は。。
超自我の崩壊の一因となる。。それ
は。。Fatherの矛盾によって生じる
。。としたが。。

Fatherは社会的な言語体系。。欲望
の序列だ。。愛と闇を含んでいる価
値基準だ。。Fatherは。。確信と妥
協によって超自我として内面化され
。。自我は社会化される。。

精神病の人は。。この確信点と妥協
点がない。。これを得ることが。。
精神病の治療となるが。。確信と妥
協では。。回復後の予後が違う。。
確信点を得ると一応寛解するが。。
妥協点だと。再発を繰り返すことに
なる。。

確信点を土台とした超自我。。妥協
点を土台とした超自我。。それらが
ない超自我。。それは。。内面化の
強さ。。Fatherとの距離。。近親相
姦願望の強さ。。に依存する。。言
葉を。。支配の道具と考えれば。。
Fatherは。。抑圧と暴力と考えるこ
とができるから。。超自我のそれに
対する耐性による区分ともなる。。

おはよ。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください