psycho.19.02.12.02

タバコ吸って。。コーヒー飲んでい
たら。。吐き気する。。疲れている
証拠だ。。しばらく。。休息必要だ
。。

近親相姦のタブーは。。そのものズ
バリ。。構造だ。。すると。。04才
ころ。。構造に出会い。。10才ころ
。。意味に出会い。。16才ころ。。
構造。。超自我の完成。。か。。26
才ころ。。意味。。自我の完成。。
社会化。。か。。

先生は。。おれのカオス的世界。。
デカルト的懐疑の世界。。を病的風
景だとして。。一くくりにしてた。。
それが最近。。自分も取り巻いてい
る世界。。風景。。だと。。気が付
いた。。人と人は理解し合えないと
いうこと。。に気が付いたが。。お
れも。。カオス的世界のどこまでが
知的風景で。。どこからが病的風景
か定かではない。。できることはデ
カルト的懐疑の結論。。明証性。。
現代では。。科学性。。合理性。。
因果律。。と言っている。。だ。。
単純明快。。理路整然な風景を。。
世界を。。是。。としよう。。

足元がカオスで。。人は。。カオス
に取り巻かれている。。と言っても
。。大地に立っている。。と考えて
いる人には。。分からない。。或い
は。。分かりにくい。。世界はカオ
ス的空間と。。ニュートン的空間が
重なった。。二重構造になっている
。。論理的な矛盾ではなくて。。ニ
ュートンの空間は。。カオス的空間
の平均値として存在する。。これが
おれの論文の。。一つの趣旨だ。。
大地は。。カオスの。。平均値に過
ぎない。。だ。。


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください