rain.psycho.18.10.14.01

冷え切った体と心に。。あったかいスープと
布団。。君には休息が必要だ。。か。。

夜明けごろだ。。小雨が降っていた。。豪邸
の門のところにルンペンがいた。。ワシ死ん
でしまう。。ワシ死んでしまう。。ブツブツ
つぶやいていた。。

おれも同じようなものだ。。家族がいて。。
三度の食事があって。。暖かいベッドもあっ
て。。小遣いも少ないながらある。。が。。

どうして心が冷えるのか。。愛とは関係なさ
そうだ。。直観だが。。心の中に。。凍てつ
いた何か。。空間。。がある。。例えば。。
夢に心取られ。。とか。。科学的合理性。。
とか。。かな。。

おはよ。。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください